【HDMI】TSdrena製HAM-CHIC2を使ってみた感想とレビュー【コンポジット変換器】

HDMIコンバーターTSdrena製HAM-CHIC2の感想とレビュー。
購入後、2ヶ月ほど使ってみてのレビューになります。

■ 対象製品: TSdrena  HAM-CHIC2

■ 購入目的

HDMI出力機能のあるノートパソコン上で再生した動画を、コンポジット入力端子(赤白黄色端子)しかないテレビにつないで見るためです。

■ 満足度

おおむね満足です。点数をつけると85点くらい。

パソコンからテレビに出力した動画の映像は、期待以上に良いものでした。あまり画質にこだわらない人なら十分です。

ただし、欠点もありました。それは、テレビ上だと、文字が見えづらくなる現象です。
画像は綺麗に見えるが、文字は見づらくなります。これは、テレビの解像度が低いことが原因だと思われます。

もっとも、この問題は、DVDや動画目的で使用するのであれば、あまり問題にならないでしょう。

■ 使用環境について

まず、使用したノートパソコンですが、5年間ほど使用している、Windows Vista です。もう結構古いですね。画像出力は、HDMI端子しかありません。

そして、PC上で再生するのに用いたソフトは、次の2つです。
・ InterVideo WinDVD
・ Windows Media Player

この2つのどちらでも、問題なく使用できました。ちなみに、Windows Media Player でも動画を再生できます。

次に、テレビの方ですが、こちらも古く2006年製のブラウン管テレビ(15型テレビデオ)です。入力は、コンポジット入力端子(赤白黄色端子)しかありません。

■ 接続方法

今回の目的での接続方法は、主に2つあります。一つ目は、直接テレビにつなぐ方法、二つ目は、レコーダーを経由する方法。結論を言うと、どちらも上手くいきました。

1. パソコン →①→ HAM-CHIC2 →②→ テレビ

2. パソコン →①→ HAM-CHIC2 →②→ DVDレコーダー →②→ テレビ

矢印の①は、HDMIケーブルを表してます。②はコンポジットケーブル(赤白黄色)です。
今回は、HDMIケーブルは1m、コンポジットケーブルは1.5mを使用。
(使ったHDMIケーブル:
PLANEX ハイスピードHDMI Ver1.4ケーブル 1m 

ちなみに、DVDレコーダーを経由する方法では、ライン入力となり、再生動画を録画することができました。アナログ画質ながら、動画のバックアップ等に利用できます。

■ 上手く使うコツ

HAM-CHIC2を利用して、パソコン上の映像をテレビに映すことは、実質的に、パソコンがデュアルモニターになることを意味します。

始めは戸惑いますが、デュアルモニターとしての画面の使い方を覚えれば、すぐに慣れます。たしか、「ディスプレイの拡張」とかの設定をしたと思います。

また、音声についてですが、初期設定では音が出ませんでした。音がHDMIから出ない場合には、設定にて変更する必要があります。

パソコンの「サウンドマネージャー」でデフォルトの出力を「HDMI出力」に設定します。なお、ソフトの側では変更は不要でした。
蛇足かもしれませんが、動画ソフトを立ち上げる前に、設定を変更した方がよいかもしれません。

■ その他

補助電源: HAM-CHIC2 の商品説明では、補助電源の要否に触れられていますが、今回の使用方法では、補助電源は不要でした。

サイズ: 商品の大きさは、コンパクトで扱いやすく良いと思います。

温度: 2時間ほど利用しても、本体の熱はそれほど出ませんでした。少し暖かい程度です。

■ 今回のレビューの対象商品

TSdrena HDMI → アナログ(コンポジット) 小型コンバーター HAM-CHIC2

なお、2月ほど前に、次のような記事を書いて、TSdrena製HAM-CHIC2以外の製品についても言及しています。参考まで。
HDMI出力からコンポジット入力(ビデオ端子赤白黄色)への接続方法

(参考過去記事)
【Vista】HDMI接続すると音が出なくなる場合の対処法

カテゴリー: ガジェット パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。