【書評】パーフェクトPHP

パーフェクトPHP(技術評論社)の書評です。

良い点

  • 基礎をプロの視点で掘り下げて解説
  • あやふやになりがちな点をきちんと説明
  • セキュリティの章が秀逸
  • 上質紙を使っている

悪い点

  • 誤字脱字が所々に散見される
  • 白黒の一色刷り

総評

この『パーフェクトPHP』は、PHP中級者以上、もしくは、他言語既習者を読者として想定しています。“はじめに”として、その旨が明記されています。

構成は、パート1~6(全14章)と付録で構成されています。

ぜひ読んでおきたいのが、パート4のセキュリティの部分です。約90ページほどかけて、WEBアプリケーションのセキュリティについて解説しています。

このセキュリティのパートは、他のPHP本と比べても特に秀逸な出来になっています。
『説明』→『脆弱性のコード例』→『対応方法』と、良くまとまっています。典型的な16ほどの攻撃パターンを丁寧にわかりやすく解説しています。

パート2では、140ページほどかけて、基礎的な文法を、中級レベルの視点で解説しています。あやふやな点を明確にして、コーディングの質を高めるプロの姿勢が感じられます。
最後のパート6では、100ページほどかけて、PHPのリファレンス的な内容になっています。

この本の肝となるパート3では、実践的なWEBアプリケーションの作成(ミニブログ)に取り組みます。

ここでは、この本独自のフレームワークを使った開発手法が取られています。フレームワークの本質を学びたい人には、役立つパートだと思います。

ただ、いわゆるレガシーな昔ながらの手法で手一杯な人には、このパートはハードルが高くなります。

——————————————————-

(補足)

この本の肝は、基礎の解説、フレームワークの解説、セキュリティの解説の3つにあると思います。

基礎とセキュリティは、レガシーコード志向にも役立ちますが、フレームワークについては、敷居が高くなってしまいます。興味はあるのですが。

フレームワークを使った開発は、JavaやRoRなどでの開発経験がないと厳しいのかもしれません。

PHPでは、フレームワークが乱立している状態で、標準が無いのが、学習意欲を減退させているようにも思います。

フレームワークを学ぶなら、Rubyを一から習得してRailsを学ぶ方が学習コストが少ないのかもと思ったりもします。

実際、個人で簡単なPHPスクリプトを組むだけならフレームワークはいらないのですが、やはり、プロとして働く人にはフレームワークの習得は必須なのでしょう。

パーフェクトPHP

カテゴリー: BOOK, PHP パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。