OCNモバイルONEに口座振替でMNPした手続き方法【音声SIM】

2017年1月、OCNモバイルONEに口座振替でMNPの手続きをしたので、覚え書きを残しておきます。これから、OCNモバイルONE(以下、OCNと略)の音声SIMのご利用を、「口座振替」かつ「MNP」で検討している方のお役に立てればと思います(ご契約は自己責任でお願いします)。

■スケジュール(参考例)
2017年
・01/12(木)—音声SIMパッケージ購入
・01/14(土)—音声SIMパッケージ到着
・01/15(日)—OCNへ口座振替とMNPの電話申込
・01/19(木)—OCNから口座振替の書類到着
・01/20(金)—OCNへ口座振替用紙を返送
・01/25(水)—OCNから電話連絡(MNP処理・契約など)
・01/28(土)—契約書到着
・01/29(日)—SMS着信(SIM配達通知)
・01/30(月)—音声SIM到着(開通処理完了)
・02/01(水)—050plusの葉書到着

■補足
以下、日付ごとに各ステップを簡単に補足しておきます。

[1step]
01/12(木)—音声SIMパッケージ購入
OCNモバイルONE公式サイトを経由して、ヨドバシ.COMにて購入。Amazon等のネットショップでも直接購入できるが、SIMの種類が多く、プリペイドなどと間違いやすいので、OCNモバイルONE公式サイトの音声SIMページのリンクから各ショップに移動して購入するのが確実。
OCN モバイル ONE

[2step]
01/14(土)—音声SIMパッケージ到着
届くのは、アクティベートコード用紙のみで、音声SIMは入っていない。このアクティベートコード(英数字)を伝えて契約すると初期費用(事務手数料)を節約できるらしい。

[3step]
01/15(日)—OCNへ口座振替とMNPの電話申込
フリーダイヤル(現在:0120-506-506)よりOCNモバイルONEに電話して、口座振替で、かつ、MNPしたい旨を伝える。音声SIMパッケージを購入済みであり、アクティベートコードがあることも伝える。

[4step]
01/19(木)—OCNから口座振替の書類到着
届いた書類を確認して、口座振替申込用紙に必要事項を記入し、身分証明書のコピーを添え、返信用封筒に入れ封をする。通常申込のマニュアルと比較すると、用紙が一枚少ないみたいだが、届いた書類のみで大丈夫のようである。アクティベートコードが既にあるからか?
身分証明書のコピーを添えるので、開通時の身分証のWEBアップロードは不要となったようだ。

[5step]
01/20(金)—OCNへ口座振替用紙を返送
返信用封筒を近所のポストより投函。心配なら郵便局の窓口に提出するとよい。

[6step]
01/25(水)—OCNから電話連絡(MNP処理・契約など)
この処理が一番重要。所要時間は約1時間。
口座振替用紙を返送後、数日すると、OCNのオペレーターから、電話連絡があるので、電話の着信に注意を払っておく。
電話を取れたら、まず、本人確認され、MNPの処理に移る。移転元のキャリア等に、MNP予約番号を発行してもらうよう指示される。30分後に再度電話するとのことで一度電話を切る。
この30分の間に、事前に調べておいた移転元キャリアのMNP窓口に電話し、MNP予約番号を発行してもらう。MNP予約番号は、発行後、数分でSMSで届いた。この番号や期限などは、紙にメモしておくとよい。
きっかり30分後に再度、OCNのオペレーターから電話。
発行してもらったMNP予約番号と購入済みのアクティベートコード等を伝える。また、OCNモバイルONEの加入コースやオプション等についても希望を伝え手続きしてもらう。オプションについては、無理に加入させられることはなく、希望通りのものにできた。なお、開通後には、OCNのホームページでオプションを確認できるので、確認するとよい。
(注意)MNP予約番号には、発行後開通まで15日間の有効期限があるので、OCNからの電話連絡より前には取らないほうがよさそう。早く取ると、SIM開通前に期限が切れる可能性がある。

[7step]
01/28(土)—契約書到着
SIMより先に契約書類一式が届いた。地域によっては、SIMが先に到着することもあるみたい。各種契約書類に、お客様番号や初期メールアドレス等が記載されている。
この時点で、初期メールアドレスの変更などもできるが、開通後にやった方がよい。手続き関連のメールは、しばらくは初期メールアドレスに届くみたいなので、先に変更して失敗したと思った(大きな問題はなかったが)。おとなしくSIMが届くのを待つのが吉。

[8step]
01/29(日)—SMS連絡(SIM配達通知)
OCNより、SIMを発送した旨のSMSが着信する。1日から3日で届くとのこと。この時点では旧SIMはまだ生きている。

[9step]
01/30(月)—SIM到着(開通処理完了)
音声SIMが到着するので、同封の説明に従い、開通処理を行う。開通処理は、WEB入力で簡単である。MNP予約番号の有効期限等を正しく入力する。自分の場合、この開通手続きをしてから、きっかり2時間後にOCNモバイルONEに切り替わった。
ここから新SIMが使えるようになる。また、この切替で旧SIMの端末が圏外になり使えなくなる。ここまででMNPの手続きが完了。
(注意)MNP予約番号の有効期限等をすべて正しく入力しないと、手続きがやり直しとなる。

[10step]
02/01(水)—050plusの書類到着
契約時に050plusのオプションをつけたので、その案内(番号・パスワード)が親展の葉書で届く。案内に従い、設定をする。

以上で全て完了です。

自分の場合は、コースは10GB、また、SIMはnanoシムにしました。結果的に、申し込み日は、電話連絡がありMNP手続きをした01/25(水)となったもよう。そのため、利用開始月は2月からで2月は無料(当然1月も無料)。また、01/30(月)に開通したので、1月分の容量10GBが最初に付与され、それが2月に繰越され、2月は合計約20GBの容量となった。ここらへんの日数と容量の計算は少しややこしい。

「口座振替」かつ「MNP」をしたため、手続き完了までに、合計で約3週間かかりました。無事に何のトラブルもなくスムーズに手続き完了。ただ、一度、OCNからの電話にでれないことがありましたが、問題なかったです。

現在、利用開始後、1か月ほど経ちましたが、音声通話・通信、そして料金ともに満足です。

(注意)
上記手続き等は、2017年1月時点のものです。時期により手続きが変更される可能性があります。あくまで参考程度にお願いします。


カテゴリー: ガジェット | コメントする

【書評】プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則

プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則 の書評です。

結論から言うと、プログラミングをする上で必須となる多数の原理・原則を網羅的に取り上げて要約した書籍です。

■ 良い点
・ 多数の名著のエッセンスを要約で読める
・ プログラミングの有名な原理・原則がほぼ網羅されている
・ プログラミングの有名な思想・哲学を学習できる
・ 各節がコンパクトで読みやすい
・ 構成が一貫しているので読みやすい
・ 見出しを拾い読みするだけでも役立つ

■ 悪い点
・ 特になし

■ 総評
プログラミングをする上で必須となる原理・原則を網羅的に多数取り上げて要約した書籍です。多くの名著からの引用的な紹介であり、難解な原著を読む手間が省け、コストパフォーマンスに優れた書籍です

もっとも、各原理・原則は、抽象的な紹介となっているため、具体的なコードはほとんど紹介されていません。そのため、アマゾンのレビューなどを見るとこの点を不満に思う読者もいるようです。

しかし、本書の肝要な点は、各原理・原則を抽象的に要約し、網羅的にエッセンス化した点にあるので、抽象的なスタイルで一貫しているのはとても評価できると思います。

具体的なコードが無いから理解できないという人は、まだ学習が足りていないので、

・ リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
・ オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
・ 新装版 リファクタリング―既存のコードを安全に改善する― (OBJECT TECHNOLOGY SERIES)

などの代表的な名著の原作を併用しながら読むことをお勧めします。

本書においては、引用された原理・原則の出典が明示されているので、より深く理解したい人は原著を求めて学習すればより効果的でしょう。ただ、各原著は難解なものが多いので、本書のようなまとめ的な書籍が価値の高いものになるのだと思います。

プログラミングの初心者にもベテランにもお勧めの一冊です。ただし、オブジェクト指向とデザインパターン、リファクタリングあたりの前提知識は必要です。

プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則

カテゴリー: BOOK, プログラミング全般 | コメントする

【PHP】MySQLとPDOとint型の取得について

PHPでPDOを使いMySQLのテーブルにアクセスした場合、int型カラムに対しSELECT文を実行すると、サーバーの環境により、int型として返すケースとstring型として返すケースの二通りがあり、WEBアプリ開発において混乱を招きます。

直感的には、int型カラムであるならば、int型を返して欲しいところなのですが、調べた限りでは、強制的にint型として返す手法は、無いようです。

もっとも、PDO::setAttributeの設定で、PDO::ATTR_EMULATE_PREPARESをfalseにすると副作用的にint型を返すのでこの手法が紹介されていることが多いようです。

//プレースホルダのエミュレート機能をオフにする。
$dbh->setAttribute(PDO::ATTR_EMULATE_PREPARES, false);

しかし、この手法は本来、プリペアドステートメントのエミュレーションを有効または無効にするもので、int型を返すように強制するものではないと思います。

これに対し、string型に強制するようにするメソッドは定められています。

PDO::ATTR_STRINGIFY_FETCHES: フェッチする際、数値を文字列に変換する。boolを必要とする。

これがそうで、trueに設定するとMySQLのカラムの型がint型であっても、string型に変換されて返ってきます。

//int型カラムをstring型で返す
$dbh->setAttribute(PDO::ATTR_STRINGIFY_FETCHES, true);

ところで、サーバーによって、ATTR_EMULATE_PREPARESによるint型への強制ができるかに違いがでることがあります。sakuraレンタルサーバーのスタンダードでは、int型として取得できますが、コアサーバーでは、int型への強制はできませんでした。

つまり、両サーバーで、このint型の扱いを統一しようとすると、ATTR_STRINGIFY_FETCHESの設定をtrueにして、string型で扱うのが最も簡単な方法のようです。int型に強制するメソッドが備えられていればそれが一番なのですが。

(注意)
その他の方法によってint型に統一できる可能性もあるので、必ずご自身でご確認ください。

カテゴリー: MySQL, PHP | コメントする

【書評】苦しんで覚えるC言語

苦しんで覚えるC言語 の書評です。

結論から言うと、C言語の基礎を掘り下げて、より深く理解するための入門書です。

■ 良い点
・ 基礎知識を掘り下げており、解説のレベルが深い
・ 英字の単語や構文の意味と読みが欄外で紹介されている
・ サンプルコードが短く簡単で理解しやすい
・ コードと実行結果が省略されずに示されている
・ 練習問題(読み取り・書き取り等)で理解が深まる

■ 悪い点
・ コードの具体例があまり実用的でない
・ 本の大きさが一般的でない

■ 総評
C言語の入門書のタイトルには、「やさしい」とか「簡単」あるいは、「サルでもわかる」といったフレーズが付けられることが多い中、本書は、その真逆をいく「苦しんで覚える」というキャッチコピーで一躍注目を集めた書籍です。

もっとも、「苦しんで覚える」というフレーズが文字通りかというとそうでもなく、著者が苦心してわかりやすく基礎の基礎から解説してくれているので、わかりやすい解説書となっています。実際、「Hello, world」を出力するまでに、60ページ以上も使用しています。

ただし、既にC言語を学習したものにとっては、いくらか冗長な解説も多いので、既習者は、配列やポインタの章から読むのでも十分だと思います。なお、個人的には、最後の方の章にある「動的配列」の理解が深まったのが大きな収穫です。

本書は、所々に難しい箇所もあるので、まったくのC言語入門者であるならば、「やさしいC 第4版 (「やさしい」シリーズ)」などでC言語の基礎を学習し、理解を深めるために、2冊目以降に本書を読むことをおすすめします。

苦しんで覚えるC言語

カテゴリー: BOOK, C | コメントする

【書評】新版C言語プログラミングレッスン 入門編

新版C言語プログラミングレッスン 入門編 の書評です。

結論から言うと、C言語の基礎から応用まで扱う、初中級レベルの入門書です

■ 良い点
・ 文章が丁寧で読みやすい
・ サンプルコードの質が高い
・ 動作結果がきちんと示される
・ 図表が理解を助ける。
・ クイズや読解演習、練習問題などが豊富で飽きさせない

■ 悪い点
・ 2006年の出版であり古い。
・ 後で解説する項目が前に来ることがある

■ 総評
プログラミング本でとても評価の高い結城浩氏によるC言語解説本です。結城氏ならではの、読みやすく分かりやすい文章が学習意欲を高めてくれます。

本のタイトルに「入門編」とありますが、C言語学習の一冊目にするには少しハードルが高いです。基礎から応用まで扱う、初中級レベルです。

C言語学習の最初の一冊目は、高橋麻奈さんの やさしいC 第4版 (「やさしい」シリーズ) が良いでしょう。そして、その次に本書を読めば効率的だと思います。なぜなら、結城氏による本書は、レベルが低いところから丁寧に解説が進みますが、読解演習など、比較的レベルの高い箇所もあり、全くの初心者では躓く可能性があるからです。また、後で解説する項目が前に来ることがあるので、ある程度の知識はあった方が良いからです。

もっとも、C言語の解説本の中では、わかりやすく質の高い本の部類であることは確かなので、C言語に取り組むならオススメの一冊です。読解演習や練習問題のコードを実際に打ち込み実行すれば相当な力がつくはずです。

新版C言語プログラミングレッスン 入門編

カテゴリー: BOOK, C | コメントする