WordPressサイトが開かなくなった時の対処法

本日、当ブログにアクセスしたところ、なぜか、表示されない障害に遭遇。

3~4時間ほど、あれこれ思案して、最終的には、ブログの手動バージョンアップ(アップグレード)で障害を解消しました。

以下、その時の状況を覚書しておきます。

まず、障害に気づいたのは、IEでアクセスした際、表示に時間がかかり、「このページは開くことができません。」とかいうエラーメッセージが表示され時点です。

最初は、サーバーの障害、または、DNS障害かと思ったのですが、同一サーバーにある他サイトやブログは表示されるので、このブログ自体の障害と推測しました。

しかし、ブログの障害の原因は特定できず。

設定ファイルの異常かとも考えましたが、最近は、特に弄ってはいないので、設定ファイルの線は薄そう。 

表示されない以上、どこかに不具合があるのは確かなので、思いきって、バージョンアップすることに。

ただ、ブログが表示できないため、ログインしての自動バージョンアップではなく、FFFTPを使用して、手動でバージョンアップを実行しました。

手動バージョンアップの手順

  1. WordPress日本語本家から、最新版のWordPressをダウンロード
  2. サーバーからwp-contentディレクトリをダウンロード(バックアップ)
  3. wp-config.phpファイル(設定ファイル)をダウンロード (バックアップ)
  4. .htaccessファイルをダウンロード (バックアップ)
  5. データベースをバックアップ
  6. wordpress直下のファイルを削除
  7. wp-adminディレクトリを削除
  8. wp-includeディレクトリを削除
  9. wp-contentディレクトリ内のlanguagesディレクトリを削除
  10. 削除したディレクトリ・ファイルの場所に、新ディレクトリ・ファイルをアップロード
  11. wp-config.phpファイルをアップロード
  12. .htaccessファイルをアップロード
  13. wp-admin/upgrade.phpにアクセスしてアップグレードを開始

ディレクトリ・ファイルの削除、アップロードは、FFFTPを使用しました。まとめてアップロードするとフリーズするので、小さなディレクトリ単位で少しずつアップロードするのが良いと思います。

また、最初にバックアップを取って置くと安心できます。データベースのバックアップも取っておいた方が良いでしょう。

基本的な作業は、削除したところに、新バージョンのディレクトリ・ファイルをアップロードするだけです。wp-contentディレクトリは、language以外はそのまま残しました。

今回はこれで上手くいきましたが、そうでない場合にはプラグインも削除・更新した方が良いかもしれません。

結局、小一時間で作業は終了しました。

表示されなかった不具合が解消され、ついでにバージョンアップもできたので良しとします。

カテゴリー: WordPress パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。