コアサーバーのMINIとさくらのスタンダードを使ってみての感想と比較

ここ数年ほど、サイトの運営に、コアサーバーを利用してきましたが、アクセス数が増加してきたので、安定感に定評のある、さくらのレンタルサーバを契約し実際に利用してみました。

そこで、さくらのレンタルサーバー(スタンダード・プラン)とGMOグループのコアサーバー(MINI・プラン)の比較検討を行ってみたいと思います。

なぜ、さくらのスタンダードとCORE-MINIを比較するのかというと、PHP+MySQLを使えるのがこれらのプランからであり、自分にとって両機能がサーバーを借りるにあたっての必須条件だからです。

(公式ページ)
・ さくらのレンタルサーバ
・ コアサーバー

それでは、両者を比較検討していきます。なお、比較は記号(>、=、<)で表示します。

【使用感】

■ 安定性
[さくらのスタンダード > CORE-MINI]

安定的にページを表示するのは、さくらのスタンダードです。
さくらのサーバーでは、サーバーのリソースが、少数のユーザーに独占されないよう、個々のユーザーに絶対的な制限を設けています。そのため、サーバーのレスポンスに好不調があまりありません。
これに対して、コアサーバーでは、相対的な制限が設けられており、少数のユーザーが多数のリソースを使用してしまう状況がありえます。それがひどいと自分のサイトのレスポンスまで不調になってしまいます。
つまり、サーバー内の同居ユーザーの影響を受けにくいのがさくらで、受けやすいのがコアサーバーといえます。

■ 表示速度
[さくらのスタンダード = CORE-MINI]

ページの表示速度は、ほぼ同じです。
PHP+MySQLでサイトを構成している場合、ほんの少しばかり、CORE-MINIの方が早いのですが、その差は微々たるものです。0.025秒と0.035秒とかの差です。基本的に、どちらも満足できる表示スピードです。ただし、CORE-MINIの方は、サーバーが不安定になると表示速度も遅くなるため注意が必要です。

■ 同時接続数の上限
[さくらのスタンダード < CORE-MINI]

同時接続数とは、その名のとおり、同時にどれだけのアクセス(リクエスト)をさばけるかの数値です。つまり、並列してどれだけのリクエストを処理できるかの数値です。
この数値が高いのは、CORE-MINIの方です。
安定性の項でも書きましたが、コアサーバーは相対的な資源管理となっています。そのため、同時接続数が多くなってきた場合でも、上限までは、それに対応してレスポンスを返してくれます。
これに対して、さくらのスタンダードでは、リソースに絶対的な制限がかけられているため、アクセスが集中すると、同時接続数の制限にかかり、いわゆる「503エラー」という混雑を示すエラーを表示するようになります。ただし、3日間限定でリソース制限の緩和機能(リソースブースト)があります。

■ ページビューの上限
[さくらのスタンダード < CORE-MINI]

より多くのページビューを表示できるのは、CORE-MINIの方です。
前述の通り、コアサーバーは相対的な資源管理となっていて、同時接続数の制限も緩いので、アクセス集中にも耐えて、ページビューを伸ばすことが可能です。サイトによっては、1日に20万ページビュー前後まで表示が可能です。
これに対して、さくらのスタンダードでは、同時接続数の制限がネックとなり、アクセス数を伸ばすことが難しくなります。だいたい、1日に10万ページビューを超えるあたりから、アクセス集中時に、503エラーが頻発するようになります。ただし、リソースブーストを使用した場合、20万ページビュー前後まで表示することができました。

(公式ページ)
・ さくらのレンタルサーバ
・ コアサーバー

【機能面】

■ CPUの性能
[さくらのスタンダード > CORE-MINI]

CPUの性能が良いと感じたのは、さくらのスタンダードです。
約700万件のレコードを持つ500Mbほどあるデータベースのテーブルの列を削除する処理で、エラーを出さずに処理してくれたのは、さくらのスタンダードです。データベースの削除処理は高負荷なのですが、さくらでは2分ほどの短時間で処理ができました。
これに対して、CORE-MINIでは、処理時間が二倍ほどかかった上、結局、処理しきれずに、Kill(中断)されてエラーとなりました。

■ ファイルマネージャー
[さくらのスタンダード < CORE-MINI]

ファイルマネージャーの使いかってが良いのは、CORE-MINIです。
CORE-MINIでは、ファイルマネージャーで、ユーザーの所有するファイルをすべて管理できます。公開領域より上の、非公開領域のファイルにもファイルマネージャーでアクセスできます。
これに対して、さくらのスタンダードでは、非公開領域のファイルにファイルマネージャーでアクセスできません。アクセスできるのが、www以下の公開領域に限定されています。これは何気に不便ですので改善を要求したいところです。

■ データベース構成
[さくらのスタンダード > CORE-MINI]

データベースの構成が良いのは、さくらのスタンダードです。
一般に、WEBサーバーとDBサーバーは、別サーバーにあった方が良いと言われています。別であれば、各サーバーがそれぞれの役割に専念できるからです。こうした別構成になっているは、さくらのスタンダードです。
これに対して、CORE-MINIでは、localhost、つまり、同一サーバーにDBサーバーが存在しています。一見、I/Oは、こちらの方が良さそうですが、別構成の方がよいそうです。

なお、データベース容量について、さくらのスタンダードは500Mbが一応の目安とされています。CORE-MINIについては、公式の目安はなく、500Mbを超えても大丈夫なようです。ただ、600Mbを超えるようになるとmysqldumpに失敗することがあるので、少ないに越したことはないでしょう。

■ アクセス解析
[さくらのスタンダード < CORE-MINI]

アクセス解析の使いかってが良いのは、CORE-MINIの方です。
CORE-MINIは、アクセス解析にAnalogを利用しています。Analogは、日別の詳細情報を見ることができ、細かな情報まで取得できます。
これに対し、さくらのスタンダードは、Webalizerを利用しています。Webalizerは、グラフィックは綺麗なのですが、月別の統計情報が多く、日別の細かな情報までは見ることができません。

■ SSH接続機能
[さくらのスタンダード = CORE-MINI]

SSH接続機能とは、ファイルマネージャではなく、TeraTermなどのSSHクライアントを用いて、コマンドによりサーバーを操作できる機能をいいます。この機能については両サーバーに一長一短があります。
CORE-MINIでは、比較的多くのコマンドを制限なく使うことができます。しかし、接続するのに事前にホスト情報を登録する必要があり少し面倒です。
これに対し、さくらのスタンダードでは、すぐに接続が可能なのですが、実行できるコマンドが制限されています。
個人的には使いやすいのはCORE-MINIですが、ほぼ同等といってよいでしょう。

(公式ページ)
・ さくらのレンタルサーバ
・ コアサーバー

【固有の機能】

■ サーバー間移動
[さくらのスタンダード < CORE-MINI]

サーバー間移動ができるのは、CORE-MINIです。
サーバー間移動とは、ユーザーが利用するサーバーに不調があったときに、別の番号のサーバーに移動できる機能をいいます。これには、ファイル等を一括して移動できる機能も含みます。CORE-MINIは、比較的不安定な状態になりやすいのですが、この機能により他のサーバーへ移動することが可能です。
これに対し、さくらのスタンダードでは、この機能はありません。そもそも比較的安定しているので、この機能がなくても問題ないのかもしれません。

■ リソースブースト機能
[さくらのスタンダード > CORE-MINI]

リソースブースト機能があるのは、さくらのスタンダードです。
リソースブースト機能とは、何かの拍子にサイトが注目を集め、一時的にアクセス数が急増した場合に、リソースの制限を緩和する機能です。つまり、一時的にではありますが、この機能をONにすることにより、ページビューを伸ばすことが可能となります。
これに対して、CORE-MINIでは、リソースブースト機能はありません。そもそも相対的なリソース管理なので、サーバーのリソースに余裕があればそれだけアクセスをさばくことが可能です。

■ サポート
[さくらのスタンダード > CORE-MINI]

サポートがよいのはさくらのスタンダードです。
さくらのサーバーでは、メール以外に、電話によるサポートも用意されています。
これに対して、コアサーバーでは、メールやフォーラムでのやりとりが中心となります。

(公式ページ)
・ さくらのレンタルサーバ
・ コアサーバー

【価格面】

■ 料金
[さくらのスタンダード < CORE-MINI]

料金が安いのは、CORE-MINIです。
CORE-MINIは、月額約250円ほどで、さくらのスタンダードのおよそ半額です。
これに対して、さくらのスタンダードは、月額500円ほどでCORE-MINIのおよそ2倍です。
コアサーバーでは、初期費用が無料の場合がありますが、さくらのレンタルサーバーでは、初期費用がたいていかかります。

【まとめ】

■ 総括
さくらのスタンダードとCORE-MINIには、それぞれ一長一短があります。あえて例えるなら次のような感じです。
さくらのスタンダードは、「温室育ちでおとなしい子」に向いている感じです。
これに対して、CORE-MINIは、「雑草魂でわんぱくな子」に向いている感じがします。

どちらのサーバーもユーザーの好き勝手には出来ないのですが、制限が厳しいのがさくらのサーバーで、制限が比較的緩いのが、コアサーバーといった感じです。

どちらも、無料利用期間があるので、両者の使いかってを確かめてから利用を開始するのがおすすめです。
なお、最新の詳細は公式ページをご確認ください。

・ さくらのレンタルサーバ


・ コアサーバー


カテゴリー: WEB, XREA/CORESERVER | コメントする

【書評】基本がわかる安全設計のWebシステム

基本がわかる安全設計のWebシステム の書評です。

結論から言うと、非プログラマ向けの、言語に依存しない、Webセキュリティ要点本です。

■ 良い点
・ プログラミングの知識がなくても要点がつかめる
・ 必須知識のほぼ全般を押さえられる
・ 読みやすく短時間で読了できる
・ 「まとめ」がよくまとまっている

■ 悪い点
・ 開発者には若干物足りない

■ 総評
本書は、Webシステムのセキュリティに関する本ですが、開発者向けというよりも、発注者やプロジェクト・マネージャーといった、プログラミングの知識があまり無い、非プログラマー向けのセキュリティ解説書となっています。

プログラマー向けには、いわゆる徳丸本が有名ですが、徳丸本は難しくてよくわからないという人に本書はおすすめです。もっとも、プログラマーであるならば、本書の内容は必須知識であり、セキュリティの学習の総復習にはちょうどよい感じです。短時間でおさらいができます。

【徳丸本】 体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践

なお、非プログラマー向けであることから、特定のプログラミング言語での解説はほぼ無くて、具体的なコードはでてきません。言語に依存しない解説となっています。

個人的に本書が役に立ったのは、「クリック・ジャッキング」に詳しい所や、セッションの扱い、ログの扱い、WEBにかかるインフラについての記述などです。徳丸本以外の有用な情報もあるので、セキュリティに関心があるならば、一度、本書に目を通すとよいと思います。

基本がわかる安全設計のWebシステム

カテゴリー: BOOK, セキュリティ, プログラミング全般 | コメントする

【書評】新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)

新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ) の書評です。

結論から言うと、(国語的な)論理学の演習本としてお勧めの一冊です。

■ 良い点
・ 文章を論理的に読み解く力がつく
・ 論証や演繹について問題を解きながら学習できる
・ 問題を解きながら学習するため理解が深まる
・ 論文の書き方が参考になる
・ 読みやすく分かりやすい

■ 悪い点
・ 章末の課題問題に答えがない
・ 注が巻末にあり通読しづらい

■ 総評
野矢茂樹氏による論理トレーニング本です。
前半は、国語的なテーマである接続関係に重点が置かれ、後半は、論理的なテーマである論証や演繹などに重点が置かれています。最後の編では、論文の書き方にも触れられているので、小論文や論文を書く人にとっても参考になると思います。なお、記号論理学は扱われていません。

本書は、トレーニング本であることから、問題に解答することにより論理的な力がつくような構成になっています。ですから、紙とペンを用意して、じっくりと時間をかけ、よく考えて解答していくとより効果的だと思います。

ただ、元々が教科書として作成された本であるため、章末の課題問題には解答が付いていないのが残念です(全体の5%ほどですけど)。

ところで、野矢氏の論理学関連の本で有名なものは主に4冊ありますが、お勧めの読む順番は次のとおりです。

1. 入門!論理学 (中公新書)

新書で薄く読みやすいので、論理学の入門にお勧めです。

2. 論理学

論理学についてより深くインプットの学習をします。思ったよりも易しいです。

3. 論理トレーニング101題

論理学で学習したことのアウトプットとしてトレーニングします。

4. 新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)

さらに、アウトプットとして論理の力をつけるためのトレーニング。

これら4冊を繰り返し読み、学習すれば、論理的な力が十分に身につくと思います。なお、1,3,2,4の順、あるいは、1,3,4,2の順で読むのもいいかもしれません。どの本も読者の立場に立ち、読みやすく易しく著されているので、興味のある本から読むのもいいでしょう。

以上です。

新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)

カテゴリー: 論理学 | コメントする

【書評】論理トレーニング101題

論理トレーニング101題 の書評です。

結論から言うと、「国語的な論理」を学習するのにとても効果的な一冊です(記号論理学は扱われていない)。

■ 良い点
・ 論理と国語の良い勉強になる
・ 解説が分かりやすく読みやすい
・ 問題文が厳選されている
・ クイズ感覚で楽しく読み進められる
・ 読む場合、書く場合、議論する場合に応用できる
・ 全部で5章あり、それらの構成と内容がしっかりしている

■ 悪い点
・ 解説が少々微妙な箇所がある

■ 総評
論理学の著書で有名な野矢茂樹氏の論理トレーニング本です。

内容的には、論理学というより、やや「国語的な論理」を学習するものとなっています。全体的に解説が丁寧で平易に書かれているので、論理学の知識がなくてもクイズ感覚で楽しみながら読み進められます。

もっとも、多少の論理学の知識があればより理解が深まるでしょう。もし、前提知識として何か学習したいならば、野矢氏による、 入門!論理学 (中公新書) を読むのをおすすめします。

なお、比較的、考えさせる問題が多いので、斜め読みをするのではなく、腰をすえてジックリと取り組むのが良いでしょう。問題に対して集中して深く考えるほど、論理の力がつくはずです。ちなみに、ゆっくり読んでも、1日に1章のペースで読めば、全5章なので、5日ほどで読了が可能です。

できるだけ早い時期、若い歳の頃に読んでおきたい一冊です。

論理トレーニング101題

カテゴリー: BOOK, 論理学 | コメントする

【Vista】Cドライブの容量を増やす方法【Temporary Internet Files限定】

ある日、ふと、スタートメニューの『コンピュータ』を開いてみると、なぜか空き領域が残りわずかになっている。つい最近まで、50GBほどあったはずが、いつのまにか7GBまでに減っている。

そこで、フリーソフトの『DriveAnalyzer』を使い、Cドライブのファイル容量を測定してみると、なぜか計測が終わらない。何度やっても、
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\…
で止まってしまう。

『DriveAnalyzer』
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se277549.html

『DriveAnalyzer』の不具合かと思い、別のフリーソフトで試すことに。『FileSum』を使い測定してみると、やはり、同じところで進まなくなってしまう。

『FileSum』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se030005.html

これはおかしいと思い、ネットで調べてみると、どうやらインターネットエクスプローラーのキャッシュの不具合が濃厚と判明。

キャッシュを保存する「Temporary Internet Files」フォルダが異常に肥大化する不具合らしい。一般的に、キャッシュのために下のフォルダが使われている。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files

実際に、自分のフォルダでも、プロパティからサイズを見ようとすると、数ギガバイト以上の容量が示される。

今回、Cドライブの容量が肥大化したのは、この「Temporary Internet Files」が原因とほぼ確定。とりわけ、その中の「\Low\Content.IE5」フォルダが巨大過ぎる。

そこで、この「Temporary Internet Files」を削除しようとするも、ここからが一苦労。単純に削除しようとすると、ファイルにアクセスできず、フォルダの削除もできない。コマンドプロンプトからも削除できず。

調べてみると、「Temporary Internet Files」は、いわゆるシステム用フォルダで、システム保護のため、通常のエクスプローラーでは削除できないらしい。

そこで、次のようにすると上手くいった。
(注意)作業は必ず自己責任で慎重にお願いします。

———————————————–
■ 1. インターネットエクスプローラーの「Temporary Internet Files」の現在の場所を移動(変更)する。

「ツール」→「インターネットオプション」→「履歴の閲覧」→「設定」→「フォルダの移動」と進み
インターネット一時ファイルの「現在の場所」をわかりやすいフォルダに変更する。自分は、C:の直下に「temp」フォルダを作成してそこに変更した。
ここで、一度、ログオフすることもある。

■ 2. システムファイルや隠しファイルを表示する

システムファイル等の隠しファイルを表示するため、フォルダの設定を変更する。任意のフォルダを作成して、

フォルダの「整理」→「フォルダと検索のオプション」→「表示」と進み
「・すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択
「・保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す。

■ 3. ファイル削除ツールを使い「Temporary Internet Files」を削除

通常のフォルダの削除では、上手く削除できないので、フリーソフトの『FastCopy』をダウンロードして使う。

『FastCopy』
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se360695.html

使い方は、sourceに、
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files
を指定する。そして、削除を実行。数十GBある場合には、数時間かかる。数GBずつ、削除できているかC:ドライブの容量を確認しながら作業を進めるのがおすすめ。

■ 4. 削除が終わったら、2.を元に戻し、1.も元に戻す。

———————————————–

この手順で、「Temporary Internet Files」を削除することができました。
ちなみに、『FastCopy』を使った削除では、約6~8分で、1GB削除でき、5時間ほどかけて、45GBほどのファイルを削除しました。なお、一度に削除するとパソコンへの負荷もかかるので、数度に分けて削除した方が良いと思います。

さて、どうして200万以上の異常な数、かつ、40GB以上の量のファイルがキャッシュされ保存されてしまうのか。とても疑問なのですが、この点は是非、改善して欲しいものです。

(参考になったページ)
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/301057#/ja-jp/kb/301057
http://jungknight.blog90.fc2.com/blog-entry-2357.html
http://pcclick.seesaa.net/article/184227097.html
http://blogs.technet.com/b/jpieblog/archive/2011/09/09/3452071.aspx

フリーソフトの作者様と、解決策を示してくれた先達に心より感謝です。

カテゴリー: PC | コメントする