【書評】アルゴリズムの絵本 アンク(著)

今回は、アンクの絵本シリーズの中の一冊、アルゴリズムの絵本の書評です。

良い点

  • 図やイラストが豊富でわかりやすい
  • プログラムの作成手順がわかる
  • C言語の復習にもなる

悪い点

  • 全体的に易しいが、所々分かりづらい点がある
  • Cの基礎知識が前提(悪い点というより注意点)

このアルゴリズムの絵本は、9章からなっています。

前半の4章は、C言語の復習です。その後、中盤で、プログラムの作成手順の説明。後半では、数学的なアルゴリズムと、ソート(並び替え)のアルゴリズムの解説となっています。

個人的には、プログラム作成手順を一番厚く解説して欲しかったのですが、この部分は少し物足りないかも。

ただ、プログラムの作成手順として、企画→仕様書→設計→コーディング→テスト→デバッグと一連の流れを示してくれたことは、今後のプログラミングの基礎として活きる気がします。

なお、この本のプログラミング・スタイルは、関数指向である点が特徴です。オブジェクト指向を期待すると期待外れになります。

なお、C言語の勉強で、アンクの絵本シリーズを読むなら、『Cの絵本』→『アルゴリズムの絵本』→『C++の絵本』の順で読むと理解が深まると思います。

アルゴリズムの絵本

カテゴリー: BOOK, C, アルゴリズム パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。