【書評】新これならわかるC++-挫折しないプログラミング入門-

新・これならわかるC++ 小林健一郎著

3冊目となるC++本のレビューです。

良い点

  1. クラスとオブジェクト指向プログラミングを中心に解説
  2. アドベンチャーゲームの作成など楽しめる
  3. 図の解説がわかりやすい

悪い点

C++の基本文法を知らないときつい

総合評価

一般的なC/C++の入門本とは一線を画すユニークな本です。

この本では、文法もそこそこに、第2章でクラスの説明を始め、3章ではオブジェクトの利用、4、5章では、クラス・オブジェクトを利用したアドベンチャーゲームの作成と、オブジェクト指向を意識した入門書になっています。

オブジェクト指向というと難しそうですが、この本では、かわいらしいモンスターを作り、継承などで、オブジェクト(モンスター)を増やしたりと、なかなか楽しめる構成になっています。

ある程度の基礎知識をつけた後に、まとめ・発展としてこの本を手に取ると効果的な学習ができると思います。

ゲームの他に、住所録やアンケートの作成もあります。そこでも、オブジェクト指向を意識した手法がとられています。

基礎的な文法である、変数・制御・繰り返しなどに飽きてきたら、この本を読んでみると、違った視点でプログラミングを理解できると思います。

新・これならわかるC++

カテゴリー: BOOK, C++ パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。