【書評】WebクリエイティブのためのDOM Scripting

WebクリエイティブのためのDOM Scripting  中村享介(著)

【良い点】

  1. オールカラーで綺麗で見やすい
  2. JavaScriptとDOMの基礎をわかりやすく解説
  3. サンプルコードをダウンロードして利用可能

【悪い点】

  1. 実用サンプルのチョイスがいまいち
  2. 3章・4章ではサンプルコードは無く、解説も簡潔すぎ

【内容について】

1章のサンプル、『displayを変更する』が、この本で一番、自分には参考になりました(クリックでWEBページの一部を非表示から表示にする操作)。

この本の解説のメインは、2章から4章なのですが、そこを読んだ後に、この1章のサンプルに戻ると理解が深まります。

2章から4章にかけて、JavaScriptの基礎とDOMの基礎が、簡潔によくまとまっています。ちょっとしたリファレンスにも使えそうな感じです。

ただ、5章のライブラリの説明は、触り程度なのでちょっと物足りないかも。

6章の実用サンプルは、ちょっと自分のニーズには合わなかったです。ここら辺は、各自のやりたいこととの兼ね合いによるので仕方ないのですが。

ちなみに、この本ではAjaxに触れられていません。Ajaxを勉強していてDOMについて整理したい人には向いています。

【形式について】

199ページと比較的薄く、よくまとまっています。紙質が上質でオールカラーなので、読んでいて気持ちがいいです。形式面は大満足です。

内容で、もう少し自分にあったサンプルが多ければ、かなり評価は高いのですが。

WebクリエイティブのためのDOM Scripting

カテゴリー: BOOK, DOM, JavaScript パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。