【書評】新版C言語プログラミングレッスン 入門編

新版C言語プログラミングレッスン 入門編 の書評です。

結論から言うと、C言語の基礎から応用まで扱う、初中級レベルの入門書です

■ 良い点
・ 文章が丁寧で読みやすい
・ サンプルコードの質が高い
・ 動作結果がきちんと示される
・ 図表が理解を助ける。
・ クイズや読解演習、練習問題などが豊富で飽きさせない

■ 悪い点
・ 2006年の出版であり古い。
・ 後で解説する項目が前に来ることがある

■ 総評
プログラミング本でとても評価の高い結城浩氏によるC言語解説本です。結城氏ならではの、読みやすく分かりやすい文章が学習意欲を高めてくれます。

本のタイトルに「入門編」とありますが、C言語学習の一冊目にするには少しハードルが高いです。基礎から応用まで扱う、初中級レベルです。

C言語学習の最初の一冊目は、高橋麻奈さんの やさしいC 第4版 (「やさしい」シリーズ) が良いでしょう。そして、その次に本書を読めば効率的だと思います。なぜなら、結城氏による本書は、レベルが低いところから丁寧に解説が進みますが、読解演習など、比較的レベルの高い箇所もあり、全くの初心者では躓く可能性があるからです。また、後で解説する項目が前に来ることがあるので、ある程度の知識はあった方が良いからです。

もっとも、C言語の解説本の中では、わかりやすく質の高い本の部類であることは確かなので、C言語に取り組むならオススメの一冊です。読解演習や練習問題のコードを実際に打ち込み実行すれば相当な力がつくはずです。

新版C言語プログラミングレッスン 入門編

カテゴリー: BOOK, C パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。