【書評】アジャイル開発マネジメント クイックガイド

アジャイル開発マネジメント クイックガイド [高畠 勇人 著] の書評です。

結論からいうと、これからアジャイル開発に関わるプロジェクト・マネージャーや開発者が短期にアジャイル開発の概要を知ることができる一冊です。

■ 良い点
・ アジャイル開発の要点が簡単にまとまっている
・ アジャイル開発に用いられる各種ツールの概要がわかる
・ プロジェクトのアジャイル的な進め方がわかる
・ 語り口調で読みやすい
・ コンパクトで半日から1日ほどで読める

■ 悪い点
・ 多少、理想論過ぎる
・ マイナーなカタカナ単語の多用
・ 文章に「いく」と「ゆく」が混在

■ 総評
アジャイル開発という抽象的な概念をマネジメントの観点から要点をまとめてコンパクトに解説してくれます。文字や図表、挿絵などが大きめで余白も多いので、読書の負担が少なくスラスラと読むことができます。プログラムコードは一切なく、文系チックな読み物です。

内容的には、技術概要と経営概要がミックスしたものとなっています。アジャイル開発に用いられる各種ツールの紹介がある一方、PDCAサイクルやリーダーシップ論まで述べられています。既にある程度の知識がある人には物足りないかもしれませんが、これからアジャイル開発に関わる人には、短期で概要を知ることができる書籍です。

開発者がプログラミングに疲れたら、本書で、マネジメントという観点で開発を見つめなおしてみるのもいいかもしれません。

アジャイル開発マネジメント クイックガイド

カテゴリー: BOOK, アジャイル開発 パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。