【書評】Javaデザインパターン徹底攻略

Javaデザインパターン徹底攻略 の書評です。

結論からいうと、デザインパターンの解説が、コンパクトに上手くまとまっている一冊です。

■ 良い点
・ パターンのエッセンスに重点がおかれている
・ コンパクトでページ数が少ない
・ 図解がわかりやすい
・ 構成が一貫している

■ 悪い点
・ 句読点がカンマとピリオド
・ 均等な解説なため重要度がわからない

■ 総評

GoFのデザインパターン全23種類をコンパクトに解説した良書です。各パターンの解説が10ページ前後に抑えられているため、学習の負担が少なくてすみます。

また、サンプルのコードも易しいものが多いのでJavaの初心者に敷居が低い一冊となっています。ちなみに、巻末には、Javaの基礎として、継承やポリモーフィズム等の解説があるので、理解を助けます。

他の本との比較で言えば、 かの有名な結城本は、詳細で分厚い書籍ですが、こちらは、簡易説明でページ数が少ない一回り小さ目の書籍であるのが特徴といえます。

ページ数が少ないといっても、内容的にはポイントを押さえた分かり易いものとなっています。そのため、エッセンスが詰まっている印象を受けます。

また、各デザインパターンの「目的、効果、背景、使用例、注意」といった順の一貫した構成になっているので、混乱なく読み進めることができます。

クラス図についていえば、UMLを採用せず、この本独自の図解となっているので、少し残念なのですが、この独自の図解もなかなか分かりやすいので、「これもありかな」と納得できます。

この本だけでは、デザインパターンの全てを理解することはできませんが、短期間にデザインパターンの概要を知りたい人や、二冊目の復習用に最適な一冊です。

Javaデザインパターン徹底攻略

カテゴリー: BOOK, Java, デザインパターン パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。