【書評】やさしいJava オブジェクト指向編

やさしいJava オブジェクト指向編 [高橋麻奈 著]の書評です。

結論から言うと、Java入門者にやさしいオブジェクト指向の指南書です。

なお、この本は、やさしいJava 第5版 の応用本にあたる解説書なので、Java初心者は、まずはこちらを読むことをお勧めします。

■  良い点
・ 基礎から応用まで丁寧な解説
・ アプリを発展させながら学習できる
・ デザインパターンを10個ほど学べる
・ ケーススタディとしても使える
・ UMLも自然と身につく

■ 悪い点
・ 所々、若干、難しめな箇所がある

■ 総評

本書、「やさしいJava オブジェクト指向編」は、「やさしいJava」の姉妹書です。「やさしいJava」で学習したサンプルコードが所々で使用されるので、学習前にこちらを一通り読んでおくと良いでしょう。

本書の前半は、クラス、関係、継承、委譲といったオブジェクト指向の基礎を学習します。後半は、一種のケーススタディとして、ドローアプリケーション(お絵かきアプリ)等を作成しながら、設計やデザインパターンを絡めて解説が進みます。

解説で使われるコードは、基本的なコードを、少しずつ拡張しながら繰り返し使用するので、無理なくコードが頭に入ってきます。

なお、本書で扱われているデザインパターンは、以下のものです。

Adapter
Bridge
Builder
Decorator
Facade
Mediator
Observer
TemplateMethod
Visitor

オブジェクト指向の学習の取っ掛かりとして、また、デザインパターンの入り口としてお勧めの一冊です。また、読了後も繰り返し読みたくなる本です。

やさしいJava オブジェクト指向編 (やさしいシリーズ)

カテゴリー: BOOK, Java, オブジェクト指向, デザインパターン パーマリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。